読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんどこすすむの日記

どんどこすすむオフィシャルブログ

G大阪 2 - 2 FC東京

Jリーグ開幕戦。ホーム万博でFC東京と対戦。 ガンバのメンバーは明神、左SBに藤春、倉田、大森、パトリック、宇佐美。 ガンバは小椋に代えて明神。今のベストメンバーと言ってよいだろう。ベンチに井手口。 FC東京は梶山、羽生、前田、武藤、米本。 FC東京はベンチに東。高橋秀人

両チーム、しっかりと守備から入る立ち上がり、ゴール前に攻め込むシーンはあまり見られず。ユニフォームのせいか、FC東京の選手、羽生、河野、梶本あたりは遠目ではまったく区別がつかず。 前半終了間際、左サイド、宇佐美がゴールライン際でぎりぎりボールを残したところで、FC東京のDF達はタッチを割ったと思いきや、主審は線審を一度見てプレー続行。遠藤に戻しGK前にクロスが入り、パトリックが頭で先制。 あとで再生を見たがボールは出たような感じではあるが微妙。ガンバが貴重な先制点。

後半。太田が負傷で丸山に交代。 パトリックと宇佐美のワンツーでPA内に宇佐美が進入。梶山が宇佐美の足を引っかけPK奪取で、そのまま宇佐美が決めて先制。 FC東京。右サイド徳永のセンタリングから武藤が頭で合わせるもGK東口が抑える。 FC東京。左サイドからのボールをゴール前、武藤が丹羽を背負いながらキープし素早く反転シュート。1点返される。丹羽は個ではやられることが多い。GK東口のパフォーマンスまだまだな感じがする。瞬く間に暗雲が立ち込める。

宇佐美→リンス。後半の最後の10分ほど、ほぼFC東京が主導権を握るが、その苦しい時間帯にガンバがボールを奪ったところでリンスのところでボールを2回ほど失う。こういう場面でボールキープでき、少しでも落ち着かせる時間ができればよかったのだが。解説の八塚さんが「特徴がよくわからない選手」と言っていたが、確かにどこか安定せず雑なところがあるリンス。先発に入れない要因はこういうところにあると思う。

試合終了間際、岩下のボールクリアを武藤が拾い、そのまま右足を振り抜きゴール。昨年の名古屋戦のレアンドロドミンゲスのゴールを思い出させるようなシュートであった。 前半はほぼ消えていた武藤だが後半は少ないチャンスで2点を獲ってしまった。武藤vs宇佐美対決でいえば武藤に軍配があがった。宇佐美はゴール前のチャンス何度かあったが、ちょっとしたトラップの間隔で失うことが多かった。宇佐美もまだまだ上がってない感じである。

FC東京は昨年と大きくサッカーは変わっていない印象。後ろは安定していて大崩れはしないだろう。あとは前田と武藤しだいではないか。ガンバも同様。守備を固めて中盤の選手が動き回り、あとはパトリックと宇佐美しだいなのか。。なんだかそれじゃ厳しいような気もする。

FC東京がガンバから勝ち点2を奪い、2点のリードをものにできなかったガンバ。ここまでの4試合すっきりとした試合はいまだ無い。